神奈川平和運動センター総会開く
「憲法改悪」阻止、オスプレイ配備撤回にむけて、闘いの強化を確認!

 


 県内の労組、民主団体、社民党等でつくる平和団体「神奈川平和運動センター(代表 福田護弁護士)」が、5月16日、横浜市中区、県地域労働文化会館で第25回定期総会を開きました。総会では、脇礼子副代表を議長に選出し、代議員、来賓、役員等60名が参加しました。
主催者を代表して挨拶した福田護代表から憲法改悪の動きについてふれ、「何としても阻止をしなければならない」と危機感に満ちた強い決意を示しました。総会は、運動総括、2018年度活動方針、財政方針及び向こう2年間の新役員を選出しました。会場からは、原子力空母艦載機が岩国へ移転後の厚木基地の現状と第五次厚木爆音訴訟支援、神奈川から高校生平和大使のジュネーブ派遣支援、個人会員など組織拡大強化など求める発言が相次ぎました。
当面の闘いとして憲法改悪反対とあわせ、危険な特殊作戦部隊の輸送を主な任務にするCV-22オスプレイの横田基地配備、千葉木更津陸自駐屯地へ陸自オスプレイの暫定配備の動き、沖縄普天間に配備されているオスプレイの厚木基地飛来により東京湾・首都圏上空などを飛行することになり、三基地を抱える平和センター関東ブロックと連携して全力をあげてオスプレイの配備撤回にむけて闘いを進めていくことを全体で確認しました。
新役員体制については、福田代表をはじめ、8年間事務局長を担当してきた小原慎一さんが代表代行に就任し、新たに道田哲郎さんが事務局長に就任し、決意を新たにしました。
来賓の挨拶として、フォーラム平和・人権・環境の北村智之副事務局長、平和センター関東ブロック持田昭彦代表、連合神奈川から阿部嘉弘副事務局長、神奈川人権センター早坂公幸事務局長、社民党から木村栄子県連合副代表、神奈川ネットワークの岩本香苗さんの方々から挨拶があり、温かい連帯の挨拶を頂きました。メッセージは関東ブロックの都県組織や神奈川県生協連合会から寄せられました。
最後には、丸茂忍副代表の音頭で団結がんばろうを斉唱し、福田護代表のもと、総力をあげて組織の強化と運動の前進を目指し、多くの労働組合、民主団体、県民の皆さんと共に、全力で闘い抜く所存です。引続きのご支援、ご協力をお願いし、総会の御礼とさせていただきます。
連絡先 神奈川平和運動センター
〒231-0023 横浜市中区山下町160−2 駐労会館 3階
電 話 045-228-7185 FAX 045-228-7186
交通機関 JR石川町駅北口・中華街口下車徒歩7分/
なとみらい線 元町・中華街駅(3番中華街出口)下車徒歩10分

 


■ 第 2 5 回 総 会 次 第
日程 5月16日(水)午後3時 場所 神奈川県地域労働文化会館会議室
1.開会あいさつ 中野雅臣 代表代行
2.議長選出・挨拶 脇礼子 I女性会議神奈川県本部議長
3.代表あいさつ 福田護 代表
4.来賓あいさつ フォーラム平和・人権・環境 北村智之 副事務局長
平和センター関東ブロック連絡会議 代表 持田昭彦 埼玉県平和運動センター議長
連合神奈川 阿部嘉弘 副事務局長
神奈川人権センター 早坂公幸 事務局長
社民党神奈川県連合 木村栄子 副代表
神奈川ネットワーク運動 市民による人間の安全保障研究会座長 岩本香苗
関東ブロック各県組織(埼玉除く) メッセージ紹介    
5.報告
 (1)2017年度活動報告 担当 酒井孝一 事務局次長
 (2)2017年度決算報告 担当 酒井孝一 事務局次長
 (3)2017年度監査報告 担当 有坂昌也 会計監査
6..議案提起  
 (1)2018年度活動方針案 (第1号議案) 担当 小原愼一事務局長
 (2)2018年度予算案 (第2号議案) 担当 小原愼一事務局長
 (3)2018・2019年度役員案(第3号議案)
担当 人事検討委員会委員長
榎田利彦・自治労県本部書記長
7.議長解任    
8.閉会あいさつ
9.団結がんばろう